今すぐ予約

歴史

ホテル・ジョルジョーネに到着される旅行者の皆様は、お客様として手厚く歓待されるだけでなく、?自宅に招待?されたような心地よさを味わって頂けます。. これはまさにパソット一家が、19世紀初めの皆を迎える快適な邸宅であった時代から守り続けてきた、昔ながらの伝統に則ったおもてなしの精神なのです。

Hotel Giorgione

ヴェネツィアの古い館の中でその歴史を育んだカンナレージョ地区の4つ星ホテルジョルジョーネは、ヴェネツィア流ホスピタリティを王道を行くホテルのひとつとして常に愛されてきました。 ロマンチックで情熱的な歴史・・・そして甘美。

ホテル・ジョルジョーネの歴史は。ヴェネツィアのドルチェッティ家が製造した菓子を保管していたサンティ・アポストリのフラーティ通りの倉庫から始まりました。 19世紀初めに改装工事が行われた建物は、ペタンク場の付いた温かいロカンダ(安宿)、ホスタリアに生まれ変わりました。

19世紀末に、倉庫に隣接する邸宅を買い取って宿を増築し、当時の最も才能ある芸術家の一人で、その技巧でヴェネト中の貴族達を魅了していた魅力的な人物、画家ジョルジョーネに因んでアルベルゴ・ジョルジョーネ と改名しました。

熱心な芸術愛好家で絵画の造詣にも深いジョバンニ・ドルチェッティの懸命な経営のおかげで、大都市ヴェネツィアのホテルは文人、教養人、外国人旅行客に愛される宿となり、常に?自宅にいるような?かけがえのない感覚をお届けする最新のサービスを完備した客室を提供してきました。

その後、ホテルはイルデ・スカルパとその夫グスターヴォ・ドルチェッティの手に渡ります。若き日のグスターヴォ・ドルチェッティは兄ジョバンニからホテルの経営を引き継いだ後、妻に旧ロカンダの名声を維持するよう言い残して姿をくらませました。

若く、教養と知性に恵まれた女性イルデは、ホテル・ジョルジョーネの経営に情熱を注ぎ、 卓越した水準のサービスを維持し続けました。ヴェネツィアの魅力に浸るために定期的に訪れる親しい友人を?客人?として自宅に招くように、お客様をおもてなしするという彼女の哲学は、今も尚、ホテル・ジョルジョーネで生き続けています。

現在

95歳のイルデはホテルを愛孫チェチーリア・ドルチェッティに譲りました。 チェチーリアの夫で実業家のルチアーノ・パソットの尽力で、ホテルは改装され、現在の素晴らしい4つ星ホテルに生まれ変わりました。

パソット家はおもてなしへの情熱とホスピタリティ精神を年々強化させながら、既に20年以上もホテル・ジョルジョーネを経営しています。

ファミリー

ホテル・ジョルジョーネのオーナー、パソット家が、常に守り続けてきたおもてなしとホスピタリティへの情熱は、この歴史的邸宅に、他のヴェネツィアのホテルにはない特別な魅力を与えてきました。

一家の邸宅から4ツ星ホテルに生まれ変わったホテル・ジョルジョーネは、巧みな修復工事によって、屋根裏のスペースに最上階を増築しました。2台のエレベータで行き来できるこの最上階の客室には幻像的な眺望をお楽しみ頂け屋上テラスが付いています。

修復工事によって素晴らしい閑静な中庭が再び作られ、ヴェネツィアの旧市街で最高の塩水ジャグジー・エモーショナル・バスタブが付きました。同様にして、別経営の「オステリア・エノテカ・ジョルジョーネ」が隣に作られ、美食家の観光客やヴェネツィア人で賑わっています。

今日、ホテル・ジョルジョーネに滞在すれば、細心の注意を払ってアレンジされ、装飾された空間の、何よりもホテルではなく?自宅?のような温かい雰囲気の中で、多言語堪能な優秀なスタッフがお届けする全てのサービスと最新コンフォートを満喫して頂けます。

フォトギャラリー